Grandpa's ShackGrandpa's Shack営業時間:10時〜17時電子部品・機械部品・各種工具の販売不動在庫・資産・珍品の買取用語定義特定取引表示
用語の定義 >
本サイトで使用している用語の定義
インターネットのお取引でトラブルになり易い表現をまとめました。少しでも、お互いの思い込みや勘違いなどで、不要なトラブルを減らすために、以下の通りまとめました。是非ご一読ください。但し、他のサイトやお店の表現と必ずしも一致するとは限りません。このサイト内でだけの表現とお考えください。
1.製品の状態
開封メーカー出荷時に施した梱包の封印がはがされた状態、または元々封印されていない状態を表します。 製造メーカーの製品によっては、出荷時点で「封印」のないモノもありますので、説明に「開封」とあっても出荷後に開封された商品とは限りません。 「開封」または「封なし」の場合は、付属品などの有無が確定できないため、欠品してる場合も考えられます。 また保管環境によっては、経年変化による品質の低下なども考えられます。
キャリア・テープ電子機器などの組立工場で、マウンター(部品実装機)にセットする上で都合よくするため、ピッチ、極性などを一定にして、積層紙テープに部品を固定したモノを表します。 一般的にラジアルリード型(両端からリードが出ているタイプ)は各リードの先端をテープで固定されています。 また立型(片端からリードが出ているタイプ)はリードの先端をテープで固定し、部品送りを一定に保つためにテープにパンチ穴が付いています。 マウンターで取り出しやすいように、一定量でテープを折り返して、箱に保管されて場合が一般的です。同じキャリア
ジャンク当社で受入れ後、製品本体の機能、性能、品質の確認を行なってません。従って、製品に対する一切の「保証」は対象外となります。 機器類については、レストア・ベース、部品取り程度とお考え下さい。調整、修理など技術知識をお持ちの方を対象に出品していますので、当方では一切のサポートを行ないません。 部品類については、研究用、コレクション用(飾り物)で実用を対象としてません。
出荷封緘製造したメーカーの出荷時点での封緘が保持されている状態です。封緘とはICなどの保湿袋、メーカーの封緘テープ、袋詰めシール封印、セロファン・シールなどの状態を確認します。
白箱販売店がバルク品などを小分けして販売のため、またはユーザーが保管のために、一時的に無印の段ボール、紙工箱に梱包保管されてた状態を表します。
新古品未使用の状態で、製造後長期間(概ね10〜15年間)保存されていたものとします。 但し、保存状態によっては、外箱の変形、汚損、破損、現品の汚損、変色、発錆などが考えられる場合があります。 製品本体に機能上または性能上で瑕疵が有った場合は、当社規定の範囲で「保証」の対象になります。メーカー発行の「保証書」添付されていても、保証対象にならな場合がほとんどです。 原則として、現品票など(開示はしません)により、流通経路などが明確なモノが対象となりますが、通常の取引で現品票の添付されない場合は、この限りではあ
新品製品本体が、未使用で経年変化などによる瑕疵がないものを表します。従って、製品本体に瑕疵が有った場合は、当社規定の範囲で「保証」の対象になります。製造メーカーの保証がある場合は、製造者の保証が優先されます。 原則として、現品票など(開示はしません)により、流通経路などが明確なモノが対象となりますが、通常の取引で現品票の添付されない場合は、この限りではありません。 新品は、製造メーカーが出荷した時点での機能、性能、品質を保有することとします。但し、保管状況によっては、標準付属品、取扱説明書などが添付されて
専用ケース入繰り返して出し入れが可能な樹脂、厚紙、木などで作られた、製造メーカーの専用のケースに保管された状態を表します。
たば長ネジ、パイプ材、バンド類など線状材を複数をまとめて束にして保管、または電線、鋼線など長い線材を空芯で巻いて保管されているモノを表します。 未使用品の場合、紙テープやビニールなどで保護されていますが、一部使用品の場合、ガラ巻きなどで表面が汚損、変色などが見られることも有ります。
単品元箱製品本体が単品が、製造メーカー、または販売代理店の段ボール箱、紙工箱、木箱などの出荷した状態の梱包に入って保管されていたことを表します。 製造メーカーから出荷された時点で「白い箱」に梱包されている場合は「元箱」とします。
中古品中古品は、何らかの使用痕が確認された商品を対象とします。 微使用品からジャンク寸前まで製品の状態は幅が広く、中古品には感覚的な要素も多く含まれますので、説明文、写真などでご確認下さい。 原則として、主要な機能、性能が一定程度確保されていることが条件で、機能のみが当社規定の範囲で「保証」の対象になります。
吊りシート販売店の店頭の壁面に厚紙シート、樹脂シートなどを吊下げ、シート面に、PP袋などで小分けした製品を複数吊下げてあるモノを表します。
導電マット静電気による破壊の危険がある部品で、少量生産または少ロット注文の場合、導電マットだけでで出荷される場合が有ります。またアッセンブリ工場などで、残りわずかになった部品を、導電マットで保管されていた状態を表します。
ドラム断面口径の大きい線材をハブ径の大きなドラムに巻き取ったモノを表します。主に長尺の電線に使用されます。
トレイ成型樹脂、成型紙工、積層段ボールなどで、一定数量の部品を平面に固定した梱包で保管されていた状態を表します。 トレイは組立工程で、積み重ねが容易な構造になっていて、ICの中でピン数の多いTQFP、SMTなどに用いる導電性樹脂によるトレイから、大口径コイル類やアッセンブリ部品を収納するトレイまで、素材や形状が多岐にわたります。
バラ保管保管場所に、ハダカで保管されていた状態を表します。
バルク部品やアセンブリー品などを、組込みまたは組合せ(バンドル)で使用するメーカーなどに対して、コストダウンのためにまとめた数量で納品する場合、個別のパッケージ、取扱説明書などを省略して梱包出荷する方法が「バルク販売」です。通常ではエンドユーザー向けではなく、メーカー間の取り引きで使われます。 当社で取扱う「バルク品」とは、こうした流通過程で使用されずに在庫になったモノ、一部使用して余剰が在庫となったモノを引取って販売しています。商品の品質、性能、品質に影響するものではありません。 電子部品などの多くはバル
バルク箱入複数の製品が、製造メーカー、または販売代理店の段ボール箱、紙工箱などの出荷した状態の梱包に入って保管されていたことを表します。 原則として、中箱、仕切り板などがない場合、リードの変形、擦れによる小キズなどは、ある程度予測されますので、リ−ド、端子の変形、表面の小キズは「保証」の対象外となります。
バルク袋入り複数の製品が、PP袋などに入った状態で保管されていたモノを表します。 製造メーカーによって、シーラーなどで雰囲気の影響を受け難い状態で密封保管されていたモノと、粘着テープやホッチキスなどで簡易的に封印されたモノがあります。 また静電気による破壊の恐れがある製品は、帯電防止加工済みの袋を対象としています。 但し「袋入り」の場合は、リードの変形、製品同士の擦れによる小キズなどは、ある程度予測されますので、リ−ド、端子の変形、表面の小キズは「保証」の対象外となります。
バンドル製造機器本体に組み合わせ、または付属して提供される製品がバンドル品です。 当社で「バンドル品」とは、本来、製品本体に付属して販売されるモノを、その付属品のみを単独で販売する場合に表します。 一般的な販売では、本体に付属する、機器、ソフトウェア、取付金具、保護カバーなどだけを対象とします。
汎用箱保管部品箱、通函など、汎用の箱に直接保管されていた状態を表します。
封緘なし製造したメーカーの出荷時点での封緘が破られて開封状態になっているか、出荷時点で封緘が行なわれていない場合を表します。
複数入内箱単品元箱に梱包された製品が、複数個を大箱で保管されていたモノを表します。 中箱になる単品の汚損や破損が少ないことが多いため、再販売に適します。
袋入り製品が、PP袋などに入った状態で保管されていたモノを表します。 製造メーカーによって、シーラーなどで雰囲気の影響を受け難い状態で密封保管されていたモノと、粘着テープやホッチキスなどで簡易的に封印されたモノがあります。 また静電気による破壊の恐れがある製品は、帯電防止加工済みの袋を対象としています。 但し「袋入り」の場合は、リードの変形、擦れによる小キズなどは、ある程度予測されますので、リ−ド、端子の変形、表面の小キズは「保証」の対象外となります。
ブリスタ・パック各種機器、部品などを保護するために、製造メーカーが出荷時点で製品の形状に合わせて、荷ズレを防ぐために比較的堅い材質の樹脂を加工したケースに保管されていたモノを表します。片面に厚紙を使用している場合も有ります。 単品を収めたブリスタ・パックには、キリトリ線の付いた複数連結した梱包の場合も有ります。
別箱製造メーカーなどの出荷時梱包以外の、段ボール箱、紙工箱、木箱などに、製品保護のために暫定的に入れて保管されていた場合に表します。
保湿袋ベイクド・パッキングとも云われ、機密性の高い袋に湿度を下げて、トレイ、レールなどを梱包した状態を表します。 保湿袋未開封であれば、低湿度環境で保管してあることで、製品品質の信頼性が大幅に向上します。
ボビン断面口径の小さい線材をハブ径の小さなボビンに巻き取ったモノを表します。主に機器内電線、エナメル線などに使用されます。
未開封未開封は「バージン商品」の証しであり、製造メーカー出荷後、誰の手にも触れられることないため、標準付属品、取扱説明書などがある場合は、基本的に欠品が考えられません。 「新品」「未開封」の場合は、大変お買い得になります。 ただし「新古品」などの未開封製品については、製品本体のダメージは外箱の状態から判断せざるを得ません。「未開封」とは云え、保管環境によっては「当たり」「外れ」があるかもしれません。またセロファン紙などで密閉されている場合、「未開封」であっても経年変化によって梱包の一部が破れ、剥離などがある
元箱製造メーカー、または販売代理店が、段ボール箱、紙工箱、木箱などの出荷した状態の梱包に入って保管されていたことを表します。 製造メーカーから出荷された時点で「白い箱」に梱包されている場合は「元箱」とします。
リールキャリア・テープの中で、リールに巻いて保管されていたモノを表します。 主にSMD(面実装部品)で使用され、積層紙ベースまたはエンボス加工された樹脂ベースが多く、リール自体も厚紙製、樹脂製があります。 キャリア・テープ同様、マウンター(部品実装機)にセットして使用されますが、マウンター自体が、部品の方向性、位置などを自動判別する機能が整備されているとこから、一部製造メーカーの梱包によっては、同一方向になっていない場合があります。
レール複数の電子部品を、棒状抽出型樹脂ケースに一列に保管された場合に表します。一部を保護したレール形状と、全体を包んだチューブ形状のケースが一般的ですが、当社ではチューブ形状のケースも「レール」として表しています。 主に、一定方法にリードが出ている、SIP、DIP、SOP、SOICなど電子部品に使用されています。
2.製品の瑕疵
汚損ホコリ、油性被膜、飛沫痕、接触痕、シール痕、テープ痕、書込みなどによって、製品本体、または外箱が汚れている状態を表します。 機械工具に塗布してある保護油、グリスなどが凝固した状態は汚損とはしません。
加工痕外観及び寸法の変形、ドリル穴、リード線の長さ不足、リード端末のハンダ痕。
カビ製品のガラス部分、樹脂部分に付着したホコリなどに、カビが発生した状態。
小キズ商品により異なりますが、機能性能や外観全体の見栄えに大きく影響しない、すり傷、わずかな塗装の剥れ、小さなクボミ(ディンプル)
使用痕製品を取付、固定する際にできたキズや変形、ピンやビスなどのキズや変形。
ディンプル金属など可塑性の低い筐体でできた製品表面などに、目視でクボミがある状態を表します。鋭角的な角や先端の尖ったモノにあたったことで、一部が凹んだ場合がほとんどです。小キズ、汚損、発錆が激しい場合、ディンプル自体が見分けづらいことも有りますので、ディンプルと特別に明記してない場合もあります。
ネーム薄製品自体に形式番号などが表示されている場合、経年変化、耐候性の優劣、拭き取り作業などによって、重要な表記が消えかけている状態を表します。一部が完全に消えている場合と、全体的に判読が困難な場合が有ります。
ネーム消え製品自体に形式番号などが表示されている場合、経年変化、耐候性の優劣、拭き取り作業、製品のブラックボックス化などによって、重要な表記が完全に消えている状態を表します。製品に現品票などが添付されている場合、または形状などの特徴から、明らかに製品の形式を特定できる場合は「ネーム消え」であっても、形式番号を表記している場合が有ります。
破損衝撃などによって外観の一部が欠落した状態。大きな陥没、変形、ヒビが入った状態。
発錆製品の金属部分の酸化が進行して、サビが発生した状態。
微使用試作試験用に一時的に短期間使用された製品、寸法測定や動作確認のたに開梱された製品。 流通履歴が不明で、汚損や小キズが目立つ場合は、実際に未使用であっても「微使用」と判定することもあります。
変形衝撃、熱など外的要因による外観の形が大きく変わった状態。
変色塗料やコーティングの日焼け、脱色などにより本来の色が失われた状態 。経年変化によってサビまで至らないが、表層が酸化している状態。発熱する電極などの表面が熱によって変色した状態。
落書き主に外箱などにマジックや鉛筆などで、記号や金額を書き込んである状態を表します。中には、製品自体に書き込んであることも有りますので、発見した時には明記するようにしています。 但し、受入れ検査の際に付けられたチェックマークや日付程度の書込み、製品自体の極性や方向性の表示などは「落書き」から除外します。
4.製品の仕様
現品票電子部品では、通常の流通製品では、製品品番、製造番号、製造時期(D/C)、梱包数量、製造国、流通会社名(代理店)などを記載した現品票(Identification Tag)が、製品に添付されてます。識別票、認識票、検査証などは現品票と同類とします。 当店では、現品票の有無は製品の信頼性に関わりますので、受入れ時に重視していますが、原則として固有の会社名などが表示されている現品票、流通経路が特定できる現品票などの開示は行ないません。
S/N高額な機器など、製品の固体番号を表示してある場合、シリアル・ナンバーとして表記します。但し、同じ製品を複数台在庫している場合は、シリアル番号は表示しません。
データシート当、Webページでご覧いただくデータシート(Data Sheet)は、原則として製造メーカー発行のモノを使用しています。収集したデータシートには、カタログの抜粋程度の内容から、製品に添付されていた個別製造仕様書まで、精度は様々です。データシートを参照なさる場合は、あらかじめご了承下さい。 またデータシート発行時点と製造時点が異なる場合もあり、製品と仕様が一致するとは限りません。
D/Cデート・コード(Date Code)は製品の製造時期(メ−カーからの出荷時期)を特定します。現品票で特定する場合と製品自体にマークされている場合があります。 デート・コードはメーカーによって、年度+月+日、年度+月、年度+週数など情報内容は異なり、表記方法も一定ではありません。当店では、解析できる範囲で表記してます。 また同じメーカー、品番で、同じ保管状態で、製造時期の表示が異なっているモノが混在している場合、原則として古い製造時期を説明に表記するよにこころがけています。

Copyright (C) 2003 - 2011 Grandpa's Shack All Rights Reserved 最終更新日時 H23/11/06 10:12